« 2009年1月28日 | トップページ | 2009年2月10日 »

2009年2月2日

晴のつぶらな瞳part2♪

晴の眼に関する記事で、晴も含め私達に、たくさんのコメント頂きありがとうございました

皆さんの温かい心に触れて、ホンマに嬉しいですheart02

おかげさまで、2月1日にかかりつけの動物病院で、検査を受けた結果、OKをいただきました!うれしーっ!!lovely

でも、少し充血が残っているので、引き続き一週間目薬をするようにと言われました。

生活はいつも通りにしてもええんやって!!

ばんざ~いhappy02

ほんまに嬉しかったです♪

↓先生の許可をもらい早速ドッグランで走り回る晴♪

Cimg0855

さて・・・今後、何かの参考になればと、手術までの経過を少し書いてみようと思います。

「1月2日」

朝、右目が腫れぼったくて、充血してる。よく結膜炎になるんで、常備してる目薬を頻繁にさす。(非ステロイド性抗炎症/薬名・ティアローズ)

「1月3日」

症状はあまり改善せず、目薬も無くなりつつある。

気になるので、休診やったけど、病院に電話する。

先生不在も、折り返し携帯に電話くれた。症状を説明し、休診だか目薬だけ処方してもらい、病院に取りに行く。明朝診察してくれるとのこと。

「1月4日」

右の茶目の目尻寄りに、黒いゴマ粒大のブツが見つかる。

目薬三種類(日/4~5回点眼)と飲み薬(日/1錠1回)が処方され、エリカラ着用の指示。

目薬(①非ステロイド性抗炎症剤/薬名・ティアローズ②抗生物質/薬名・タリビット③角膜修復剤/薬名・タチオン)

飲み薬(抗生物質/薬名不明)

一週間分処方され、様子をみることになった。

但し、ブツが大きくなる等、変化があれば連れてくるように言われる。

「1月6日」

黒ゴマの周りが白濁してきた。

急いで病院へ。診察室に入った途端、「検査しましょう」と言われ、奥へ連れて行かれる。

飼い主は待合室で待機。この間、瞳孔を開く目薬を使い、瞳の奥の状態を調べる。

検査の結果、「現時点では瞳の周りの水(眼房水)の通路に濁りがある。原因の特定は難しく、角膜のブツも表面上のモノなら、まだ良いが、奥から来るものである可能性がある」

と言われた。壊死やジストロフィーの話も出た。

そして先生は「漫然とここで、色々な治療をするよりも、専門医に診てもらうことを、お勧めしますが、どうされますか?」

二つ返事で「専門医に診てもらいたい」意志をつたえる。

先生が懇意にしている方で、関西でも有数の眼科医の先生を紹介してもらうことになる。

先生が直接予約を取ってくれて、結果を明朝、携帯に電話連絡をもらうことにして、目薬と飲み薬は今まで通り続ける。

信じられないことに、この日の診察料は再診料の500円のみだった。

「1月7日」

朝9時過ぎに、先生から電話がある。

運よく、9日に診察の空きが出たので、夕方の5時半に予約がとれた。

当日は場合によっては鎮静剤等を使用することがあるので、絶食していくようにとのこと。

「今までの状況と、鎮静剤がなくても、おとなしく診察できる子ですとは伝えてありますから」と言ってくれた。先生、ありがとう♪

↓眼科での診察の前日。この頃は痛みがあったようで元気がない

Cimg0793

「1月9日」

紹介された、ネオベッツVRセンターで眼科医の小山先生に診察してもらう。

丁寧な問診をして下さり、診察の方法も段階を追って説明してくれた。

充実した設備があり、CCGカメラのようなものを眼に近づけて、リアルタイムで画像で見せてもらえた。

ブツが大写しになり、所在を確認。第一段階として、眼の感覚を鈍くさせる目薬をして、眼の表面を綿棒でこすり、ブツが取れないか試してみるも、取れず。

先生によると「ブツの正体は現時点で特定不可。調べるには全身麻酔でブツの一部を取らなくてはならない。その結果、ブツの摘出が決まれば、再度全身麻酔での手術となり、晴は2回全身麻酔のリスクを負うことになる。ブツは診たところ放置しても治ることは考え難い。怖いのは放置していて、ブツがある日突然、取れて穴が空き、内容物が流れ出て失明すること。ただし、今の状態で、命に関わるとか、失明の恐れがある段階ではない」とのこと。

「手術するのがベストだがどうしますか?」と聞かれ「手術します」と即答した。

次は手術の内容を説明してくれる。

角膜に付着したブツを取り除き、白濁した部分も削ぎ取る。

ブツが角膜の厚みの半分までの深さなら、一日入院し、あとは角膜の再生を待つ。

ブツが角膜の厚みの半分より深いところまで達していた場合は、欠損した部分に結膜を移植し、一週間前後入院する。移植したところは、肉眼でもわかるような白さが残る。

一日でも早く手術したほうが良いとのことで、運よく空きのあった、15日の18時~手術することと決まる。

この日、晴はずいぶん痛いことや怖い検査を受けましたが、頑張ってお利口にしていました。口輪も鎮静剤も使わずに済みました。よく頑張りました♪

↓晴が登場できないので頑張って、ショップモデルを務めて亜喜♪

Cimg0767

はぁ~ここまで書いて、書いてるほうも、読んでるみなさんも疲れてよなぁ~wobbly

と、いうわけで、手術は次回に続きますsoon

引っ張ってごめんなさ~い♪

happy01遊びに来てくれて、ありがとうsign01

pencilコメくれたら、うれしいなぁwink

↓晴の頑張りにポチッとお願いします♪

イングリッシュコッカースパニエル - 犬ブログ村   コッカー - 犬ブログ村    ハンドメイドショップ - ハンドメイドブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (25) | トラックバック (1)
|

« 2009年1月28日 | トップページ | 2009年2月10日 »