« 2009年2月2日 | トップページ | 2009年2月12日 »

2009年2月10日

晴のつぶらな瞳part3♪

先日(2月7日)の夕方、かかりつけの動物病院に術後の最終チェックに行きましたhospital

既に、普通の生活への許可は出とったけど、目薬を継続しとったから、やめてよいかどうかのご相談に・・・

結果は二重丸scissors  但し、いきなり止めるとよくないので、少しずつへらして、止めていくようにとのこと。

止めた後も診察には来なくて良いって言われましたsign01

やったー!!完治ですok

↓診察のついでに、予防接種して二人ともお疲れモードです♪

Cimg0877

ホンマに嬉しかった 1月2日から、約1ヶ月・・・長いような短いような・・・

晴は辛かったやろうけど、飼い主は色々なことを学んで、ちょっとだけ賢くなったんとちゃうかなぁ~って思います。

皆さんにも、温かい言葉を頂き、どれだけ励まされたことか・・・

心から、感謝します!!ありがとうございましたhappy01

さて・・・

前回の続きを・・・・

「1月9日」

紹介された、ネオベッツVRセンターで眼科医の小山先生に診察してもらう。

診察の結果(詳しくは前回の記事を見てちょうだいね♪)15日の18時~手術決定。

手術と言われて、心臓はドクンと脈打ったが、「失明も命にかかわることもない」と聞いて、相方と「良かったなぁ」と言い合った。

安堵と不安の入り混じった気持っちゅうんはこのことか・・・って思った。

けど、私たちは恵まれてるんや、ツイてるんや、って思いたかったし、手術が近づくに連れてそう思うようになった。

手術までは目薬3種類と、飲み薬を継続するよう言われた。

無くなりかけていた薬もあり、追加で処方してもらう。

術後は走り回ったり、ひっぱりすぎてカラーで首を圧迫するような状態にならないようにとの、話もしてくださった。

首が締まると、眼に圧が加わって、手術で、薄くなったり、傷ついてる角膜が裂けたりすることがあるらしい・・・怖い・・・

この日の診察料金は22,400円

やはり検査っていうのは高額やけど、これだけの設備なら、妥当な額やと思ったdash

但し、ア○コムのペット保険に入ってるので、実際の支払は12,400円やった。

「1月12日」

比較的元気で食欲も旺盛やけど、眼の充血がひどい。

痛そうにして、右目はほとんどつむってるような感じ・・・左目も充血して開けにくそうにしてる。

ブツに変化があったらすぐにつれてくるように、言われとったけど、目を開けてくれへんから、ブツもチェックでけへん

それで、急遽かかりつけの先生んとこへ

すでに、小山先生からは、晴の診察結果の報告とFAXが届いてたので、先生は状態も手術日も知ってはった。

ブツに変化は無し

状態も悪くないが目の充血がひどいので洗眼してくれる。

原因になるほどでもないが、小さな逆まつ毛があり、念のため抜いてくれた。

角膜の傷は痛いらしく、先生二人がかかりで(ご夫婦です)洗眼しながら、「痛いなぁ~可愛そうになぁ」とか「じっとして賢いなぁ」「エライわぁ~」などと声をかけてくれながらの処置やった。ホンマにありがたかった。

この日の診察料は再診料・眼洗浄・まつ毛抜きで、2,000円。

安かったので、保険は使わなかった(保険は年間の使用回数に制限があるため)

この後、状態も安定し、あとは手術を待つのみとなった。

術後は走り回れないので、平坦で比較的小さめのドッグランで少し走らせてやったり、ハーネスを購入して、慣れる準備をした。

「1月15日」

この日は、朝五時から絶食、お昼からは水も飲めない。

晴だけ絶食させるわけにもいかず、朝4時に起きて、散歩させ、4時半に晴と亜喜にフードを与えた。

一旦、仕事へ行き、早目に帰宅。

ネオベッツには手術の30分前に到着。

もう一度、おさらい的に、手術の長れを説明してくださり、まずは検査。

血液検査の結果、手術に耐えうる健康状態との説明があり、5時50分頃、手術開始となる。

待合室でまつこと一時間ちょい・・・。

手術着に身を包んだ、男性が手術室から出てきて「Kさ~ん」と呼ばれた。

助手の人で、「今、処置が終わりましたが、病室でご覧になりますか?」と聞かれた。

私は即座に立ち上がって「はい、見せてもらいます」と言い、ふと隣の相方を見ると・・

顔面蒼白で首をブルブルと横に振っている

「晴くん、おるんやろ?おるんやろ?僕はええわ、ええわ、やめとくから、Mちゃん、行ってきて!」と半ば支離滅裂な言葉を発してた(笑)

「晴くん、おるんやろ」って・・・晴の手術やから、おるに決まってるやん・・・と思ったけど、なんも言わず「見てくるわ」と言って、手術室へ・・・

入口で、消毒した履物に履き替えて、ずずーっと奥へ・・・

“ピッ、ピッ、ピッ・・・”と規則正しい機械音が聞こえる・・・

晴の心音らしい・・・

ドラマで見るような人間の手術室と全く同じな立派な手術台の上に晴くんは横向きに寝かされとった。お尻とおちんちんには、管が入れてあったと思う・・・上半身には白い布がかぶされてて、眼の周りだけ穴があいてた。

頭の方に先生が座ってて、マスクを外して、にっこりと微笑んでくれた。

「手術無事終わりました」と一言。はっきりとした口調やった。

あー、良かった・・・ホンマに良かった・・胸が熱くなった・・・

先生の説明によると

術前の消毒が終わり、「いざ切除」と思って見たら、ブツが無くなっていたらしい!!

どこをどう見ても、無い!!

どうやら、助手の方の念入りな消毒の際にブツが浮き上がり、流れていったらしい・・・

その後、ブツの捜索を試みてくれたらしいが、消毒液共に流れ去り、見つけることが出来なかったとのこと。

「取り除いた物の検査できる」っと話しておられたので、「検査できなくなってしまいました。すみません」と先生は謝ってくれたけど、もうそんなこと、どーでも良かった。

しかし、こんなラッキーなこともあるもんやなぁって思った。

で、先生は、ブツの周りの白く濁ってしまった組織を削ぎ取って、綺麗な状態にしてくださった。一応、白濁組織はホルマリン着けで病院にて保管。

現時点では調べる必要は無いけど、もし、繰り返すようなら、それを調べることができるらしい。

ブツが悪性やった場合は、根が深く、消毒で流れ去るようなことはないそうです。

晴の足元にモニターがあり、画面に晴の術後の眼球が大写しになった。

角膜は深さ3分の1程度しか削らずに済んだ。削ったところは脆くなってるし、感染しやすいので、ソフトコンタクトレンズで保護してある。

このレンズはワンサイズなので、晴の眼には少しちいさい。

レンズが外れることを防止するのと、傷跡を保護する意味も兼ねて、目じりから半分ぐらいまでを、クリップで留めて、目を閉じてある。

半目状態やけど、これなら視界も確保される。

眼球のアップはなかなかグロテスクな画像やけど、怖くはなかった。

むしろちゃんと確認できて良かったと思う。

先生が「写真要りますか?」と聞かれたので、「はい」と言って、写真をもらうことにした。

「それでは、いまから麻酔を切って、目を覚ましますので、詳しい話はま診察室へお呼びしますのでしばらく外でお待ちください。

退室する前に何気なく視線を落とすと、晴の尻尾が見えた。

いつも、せわしなく動いてるしっぽが、全く動かない。晴の尻尾がじっとしてるところを、じっくり見たのは初めてのような気がする・・・

「あぁ、晴くん、頑張ったんやね」と思って、愛しかった・・・。

待合室でチワワのように震えてる相方に結果を報告すると、目を潤ませて喜んどった。

20分くらいしたら、「Kさ~ん」と呼ばれて診察室へ。

さっき手術室で大まかに話して下さったことを、さらに詳しく話してくれた。

明日退院できると聞いて、ホッとした。

写真をもらい、相方に見せると、心底ビビっていた(笑)

さらにびっくりしたのは「晴君に逢っていかれますか?」って聞かれたこと。

「まだ寝てますよね?」って聞いたら、「いいえ、もう目が覚めて起きて歩いてますよ」といわれた!!

去勢や避妊の手術も経験してるけど、麻酔したあとって、1~2時間はぐったりしてるもんやと思っていたから、びっくり!!

改めて、整った設備で手術できて良かったと思った。

私が「どうしようか・・」って言うと相方が「会っても、連れて帰られへんのに、可愛そうなだけやん。悲しくなったらあかんから、このまま帰ろうや」って熱弁するので、会わんと帰ることにした。

「悲しくなるんは、あんたやろ・・・」と心の中でつぶやいた(笑)

↓退院翌日の晴です!よう、見たら、目じりに白いクリップあるんわかりますか?

Cimg0810

「1月16日」

めでたく退院しました!

診察室で対面した晴は、今までで最大の鼻鳴きをし、喜びの奇声を発しながら、お尻をあり得ないぐらい振ってくれた!

尻尾は動きが速すぎて、形がわからんほど振ってた(笑)

術後は良好。2週間後にコンタクトとクリップを外す予定と説明を受ける。

目薬は抗生物質と角膜の再生を促すヒアレインの 2種類を1日4~5回点眼↓

Cimg0824_2

手術代を支払った。

想像してたよりはるかに安かったから、内心ホッとした

58,945円で、保険適用で29,470円やった。

これ以降は、前々回と前回のブログに書いた通り、順調に進み、土曜日で完治となりました。

もらった写真の画像を載せようかと思いましたが、ちょっと生々しいので、やめておきます(笑)

詳しい内容が知りたい方は、こちらのページ左端の「カンファレンスルーム」をクリックし、「症例報告バックナンバー」の上から3番目をクリックすれば、雰囲気がわかると思います。

今回、晴に関わって下さった、すべての人と、心配して下さった、ブロ友のみんなに、心から感謝の気持ちを送ります。

ありがとうございましたsign03

↓前世チワワ疑惑が発覚した相方ににポチッとお願いします♪

イングリッシュコッカースパニエル - 犬ブログ村   コッカー - 犬ブログ村    ハンドメイドショップ - ハンドメイドブログ村

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

| | コメント (28) | トラックバック (2)
|

« 2009年2月2日 | トップページ | 2009年2月12日 »